All archives |  Admin

ブラジルGP バトン優勝、チャンピオンはベッテルに
FMotorsports F1

予報通り気まぐれな雨に翻弄された2012年最終戦ブラジルGPは、マクラーレンのジェンソン・バトンが優勝。
バトンは今季オーストラリア、ベルギーGPに続く3勝目、自身通算15回目の優勝。

2位には最後まで激しいチャンピオンシップ争いを続けたフェラーリのアロンソが入ったが、ライバルのベッテル(レッドブル)が6位に入ったことにより惜しくも3ポイント差でランキングは2位。
アロンソは2005-06年と2回タイトル獲得を果たしているが、ランキング2位も2010年に次いでこれで2回目。
3位は地元のマッサ(フェラーリ)が入ったが、明らかにチームの指示でアロンソに譲ったものだった。
4位ウェバー(レッドブル)、5位は一時レースをリードしながらハミルトン(マクラーレン)とのバトルで接触事故を起こしドライブスルー・ペナルティーを科せられたヒュルケンバーグ(フォース・インディア)。
6位はチャンピオンに輝いたベッテル(レッドブル)、レース序盤の接触で手負いの戦いになりながら挽回した。
7位にこれがF1最後の雄姿となったシューマッハ(メルセデスAMG)、8位ベルニュ(トロ・ロッソ)、9位小林可夢偉(ザウバー)、10位がライコネン(ロータス)だった。
小林可夢偉は最後シューマッハにオーバーテイクを仕掛けた際にスピンアウトし一つ順位を落としている。

11位はペトロフ(ケータハム)でチームのコンストラクターズ・ランキング上昇に寄与、12位ピック(マルシア)、13位リカルド(トロ・ロッソ)、14位コバライネン(ケータハム)、15位ロズベルグ(メルセデスGP)、16位グロック(マルシア)、17位デ・ラ・ロサ(HRT)、18位カーティケヤン(HRT)、そして19位のディ・レスタ(フォース・インディア)までが完走扱い。
ただしディ・レスタは最後にクラッシュして、レースがイエローコーションのまま終了する原因を作っている。

リタイヤはハミルトン(マクラーレン)、グロージャン(ロータス)、マルドナド(ウィリアムズ)、セナ(ウィリアムズ)、そしてペレス(ザウバー)の5台でいずれもアクシデントによるものだった。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
マクラーレン勢、史上最多62回目のフロントロウ独占
FMotorsports F1

今季最終戦ブラジルGPのポールポジションはマクラーレンのルイス・ハミルトンが1'12.458のタイムで獲得。
ハミルトンのポールはアブダビGPに続く今季7度目、自身通算26回目の快挙。
また2番手にも僚友ジェンソン・バトンが入り、マクラーレン1-2独占。
マクラーレン・チームのフロントロウ独占はこれで通算62回目の記録となり、もちろんF1史上最多の記録になった。

3-4番手はレッドブルのウェバー&ベッテルで2列目に並んだ。
5番手マッサ(フェラーリ)、6番手マルドナド(ウィリアムズ)、7番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8番手アロンソ(フェラーリ)、9番手ライコネン(ロータス)、10番手ロズベルグ(メルセデスAMG)というトップ10グリッドになった。

タイトルを争うアロンソがチームメイトに予選で負けるのは今季3回しかないが、シーズン終盤の大事な場面で2戦連続僚友の後塵を拝することとなった。
また6番手のマルドナド(ウィリアムズ)はQ2で重量測定の停止指示を無視していて、予選後にペナルティが科せられる可能性もある。
(前回、同様のウェバーレッドブルは無罪放免だった)
もしグリッド後退となった場合、アロンソが7番手に繰り上げられる可能性はある。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
初代オースティンの王者はルイス・ハミルトンに
FMotorsports F1

初開催となったサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(テキサス州オースティン)でのユナイテッドステーツGPは、スタンドを埋める大観衆が見つめる中、予選2番手からスタートしたマクラーレンのルイス・ハミルトンがポールスタートのベッテルを交わしてみごと優勝を遂げた。
ハミルトンの優勝はイタリアGPに次ぎ今季4勝目、自身通算21勝目の快挙。

2位にベッテル(レッドブル)、3位アロンソ(フェラーリ)で、両者のポイントはこれまでの10ポイントから13ポイントへと拡大したが今回結着はつかず、タイトル争いは来週の最終戦ブラジルGPへと持ち越された。
ただ予選7位の奇数グリッドスタートを画策したフェラーリ・チームの作戦は功を奏したことになる。

4位マッサ(フェラーリ)、5位バトン(マクラーレン)、6位ライコネン(ロータス)、7位グロージャン(ロータス)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位マルドナド(ウィリアムズ)、そして10位がセナ(ウィリアムズ)となった。
以下、ペレス(ザウバー)、リカルド(トロ・ロッソ)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、小林可夢偉(ザウバー)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、シューマッハ(メルセデスAMG)、ペトロフ(ケータハム)、コバライネン(ケータハム)、グロック(マルシア)、ピック(マルシア)、デ・ラ・ロサ(HRT)、そしてカーティケヤンの順。

リタイヤとなったのはウェバー(レッドブル)、ベルニュ(トロ・ロッソ)の2台。
ウェバーはまたしてもオルタネーターとみられ、ベルニュのほうはコースアウトした際にサスペンションを損傷した模様だ。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
オースティン、初のポールシッターはベッテル(レッドブル)
FMotorsports F1

オースティンで初開催となったアメリカGP(ユナイテッドステーツGP)初のポールポジションは、今週末絶好調であるところを見せつけたレッドブルのセバスチャン・ベッテルがそのままのスピードを維持して獲得してみせた。

ベッテルのポールポジションはインドGP以来で今季6回目、自身通算36回目の快挙ということになった。
2番手はベッテルに肉薄したもののわずかに及ばなかったハミルトン(マクラーレン)で、その差は0.109秒。
3番手ウェバー(レッドブル)、4番手グロージャン(ロータス)、5番手ライコネン(ロータス)、6番手シューマッハ(メルセデスAMG)、7番手マッサ(フェラーリ)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手アロンソ(フェラーリ)、そして10番手がマルドナド(ウィリアムズ)というトップ10になった。
ただしグロージャン(ロータス)はギヤボックス交換によりグリッド5番降格のペナルティが決まっている。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
アブダビGPライコネン復帰後初勝利、可夢偉6位入賞
FMotorsports F1

アブダビGP決勝レースはアクシデントやリタイヤが相次ぎ、セーフティカーが2回も導入されるという荒れたレースとなった。
まずオープニングでデ・ラ・ロサ(HRT)はスタートできず。
9周目、カーティケヤン(HRT)をオーバーテイクしようとしたロズベルグ(メルセデスAMG)が追突して大クラッシュ、14周目までセーフティカーが導入された。
20周目には首位走行のハミルトン(マクラーレン)が突然のストップ。
38周目、グロージャン(ロータス)、ウェバー(レッドブル)が接触でストップ。
再びセーフティカー導入、43周目に再開。
事故の原因を作ったペレス(ザウバー)には10秒のストップ&ゴーペナルティが科せられた。

そして55周のレース、トップでチェッカーフラッグを受けたのはF1復帰後初となる勝利を挙げたロータス・チームのキミ・ライコネン。
今季は中国GP以外すべてのレースでポイント圏内フィニッシュという堅実さでついに表彰台のトップに立った。
ライコネンの勝利は2009年のベルギーGP以来で、自身通算19勝目の栄冠となる。
2位には終盤ライコネンに迫ったフェラーリのアロンソ。
3位には24番スタートから驚異の追い上げをみせたレッドブルのベッテル。
ライコネンは復帰後初勝利、アロンソはチャンピオンシップ・ポイントでのギャップを詰め、ベッテルは最後尾スタートという絶望的なレースでダメージを最小限に留めるという、3者3様のうれしい表彰台に。
ただしこれでランキング3位ライコネンのタイトル獲得はなくなり、チャンピオンシップはベッテル&アロンソ二人のバトルに絞られたことになる。

4位バトン(マクラーレン)、5位マルドナド(ウィリアムズ)、6位小林可夢偉(ザウバー)、7位マッサ(フェラーリ)、8位セナ(ウィリアムズ)、9位ディ・レスタ(フォース・インディア)、そして10位リカルド(トロ・ロッソ)でここまでが入賞。
以下、11位シューマッハ(メルセデスAMG)、12位ベルニュ(トロ・ロッソ)、13位コバライネン(ケータハム)、14位グロック(マルシア)、15位ペレス(ザウバー)、16位ペトロフ(ケータハム)、17位デ・ラ・ロサ(HRT)。
リタイヤしたのはピック(マルシア)、グロージャン(ロータス)、ウェバー(レッドブル)、ハミルトン(マクラーレン)、カーティケヤン(HRT)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、そしてヒュルケンバーグ(フォース・インディア)の7台だった。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
アブダビGPポールはハミルトン(マクラーレン)の手に
FMotorsports F1

アブダビGPの公式予選が終了。
ここでポールポジションを獲得したのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。
シンガポールGP以来のポールで今季6回目、自身通算25回目となる快挙を記録した。

2番手はレッドブルのウェバーで、僚友ベッテルを差し置いてフロントロウをゲット。
3番手がベッテルだが、ベッテルは予選終了直後時に突然エンジンを止めてコースサイドにストップ、状況が気掛かりではある。
4番手にウィリアムズのマルドナドが飛び込み、5番手ライコネン(ロータス)、6番手バトン(マクラーレン)でタイトルを争うアロンソ(フェラーリ)は7番手に沈んだ。
8番手ロズベルグ(メルセデスAMG)、ロズベルグは1回のアタックを終えて早々にマシンを降りている。
9番手マッサ(フェラーリ)、そして10番手がグロージャン(ロータス)というトップ10グリッドになった。
なおアロンソのピットリリース時、直前にグロージャン(ロータス)が前に割り込んでいて、これは審議対象になっている。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
ベッテル(レッドブル)、ポールTOウィンでインドGP2連勝飾る
FMotorsports F1

60周に渡って行われたインドGP決勝レースは、ポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテルが一度もそのポジションを譲ることなく完勝。
これでシンガポールから日本、韓国、そしてインドと4連勝になる今季5勝目、自身通算26勝目を記録した。
F1 26勝はこれまでジム・クラーク&ニキ・ラウダを抜いて史上単独7位になるものだ。
(ミハエル・シューマッハ:70勝、アラン・プロスト:51勝、アイルトン・セナ:41勝、ナイジェル・マンセル:31勝、フェルナンド・アロンソ:30勝、ジャッキー・スチュワート:27勝に次ぐ7位)

ベッテルとチャンピオンシップを争うアロンソ(フェラーリ)は予選5位から2位まで挽回、タイトル獲得に夢をつないだ。
3位はウェバー(レッドブル)、4位ハミルトン(マクラーレン)、5位バトン(マクラーレン)、6位マッサ(フェラーリ)、7位ライコネン(ロータス)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位グロージャン(ロータス)、そして10位のセナ(ウィリアムズ)までが入賞。
以下11位ロズベルグ(メルセデスGP)、12位ディ・レスタ(フォース・インディア)、13位リカルド(トロ・ロッソ)、14位小林可夢偉(ザウバー)、15位ベルニュ(トロ・ロッソ)、16位マルドナド(ウィリアムズ)、17位ペトロフ(ケータハム)、18位コバライネン(ケータハム)、19位ピック(マルシア)、20位グロージャン(ロータス)、21位カーティケヤン(HRT)。
リタイヤはシューマッハ(メルセデスAMG)(完走扱い)、デ・ラ・ロサ(HRT)、そしてペレス(ザウバー)の3台。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
ベッテルが2年連続インドGPポール、レッドブル再び1-2!
FMotorsports F1

インドGPのポールポジションは、初開催以来2年連続でレッドブルのセバスチャン・ベッテルが獲得。
今シーズン、日本GP以来となる5回目、自身通算35回目の快挙となった。
また2番手にも僚友ウェバーが入り、これで3戦連続となるレッドブルのフロントロウ独占となった。

3-4位はマクラーレンのハミルトン&バトン、5-6位がフェラーリのアロンソ&マッサ、7位ライコネン(ロータス)、8位ペレス(ザウバー)、9位マルドナド(ウィリアムズ)、そして10位はQ3でのアタックを自ら回避したロズベルグ(メルセデスAMG)というトップ10グリッドになった。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
韓国GPはベッテル(レッドブル)勝利、3連勝果たす
FMotorsports F1

韓国GP決勝レースは予選2番手からスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテルが序盤からレースをリード、最後まで他の追随を許すことなく今季4勝目を挙げた。
ベッテルはこれでシンガポール、日本に続き3連勝、完全に勢いを取り戻した感じだ。
自身通算25回目の勝利になった。

2位はポールポジションからスタートした同じレッドブルのウェバー。
レッドブルはみごとな1-2フィニッシュを果たしたが、これは今シーズン初ということになる。
これまでチャンピオンシップをリードしてきたアロンソ(フェラーリ)は3位フィニッシュ。
残念ながらベッテルにポイント争いで逆転を許した。
4位にマッサ(フェラーリ)。
今回のマッサは十分に速く、チームの意向でアロンソに譲った感じだ。
5位ライコネン(ロータス)、6位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、7位グロージャン(ロータス)、8位ベルニュ(トロ・ロッソ)、9位リカルド(トロ・ロッソ)、そして10位がハミルトン(マクラーレン)でここまでが入賞。

ペレス(ザウバー)は惜しくも11位、シューマッハ(メルセデスAMG)は13位。
小林可夢偉(ザウバー)はオープニングラップでのアクシデントにより結局リタイヤ。
ロズベルグ(メルセデスAMG)に寄せられて行き場を失った感じだが、結果的にバトン(マクラーレン)をリタイヤに追い込んだとしてレース中にドライブスルー・ペナルティーを受けるなど今回は散々だった。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
レッドブルが再び1-2! ただしポールポジションはウェバー
FMotorsports F1

韓国GP公式予選はレッドブル・レーシング勢が1-2、、前戦日本GPに続いてフロントロウ独占となった。
ただしポールポジションはベッテルではなく、ウェバーのほうだった。
ウェバーは最後のアタックでベッテルの1回目タイムを上回り暫定で1番手に。
満を持したベッテルはタイム更新に失敗、2番手に甘んじた。
ウェバーのポールポジションは自身通算11回目。
今季は繰り上がりでポールとなったモナコGP以来、実質的には昨年のドイツGP以来ということになる。

2番手ベッテル。
マシンを降りたベッテルはマッサのマシンに追い付いてバックオフしたと説明した。
3番手ハミルトン(マクラーレン)、4番手アロンソ(フェラーリ)、5番手ライコネン(ロータス)、6番手マッサ(フェラーリ)、7番手グロージャン(ロータス)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、そして9-10番手がロズベルグ&シューマッハのメルセデスAMG勢となった。

reads more.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村blogram投票ボタン
プロフィール

『たがみすと』な歳さん

Author:歳
内向的で孤独を愛し、創造的でしかも細かい点にまで注意を払います。
また、社会や政治に批判的な眼を向けるので、現状に満足せず気苦労がたえません。

実は淋しがり屋さん?
意外と小心者で臆病者で病弱です。
…親しみを込めて“歳さん”でよろしくお願いします。
                   by 歳
ツイッターでフォローしてください!

FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
楽天お薦め!ってか?
FC2カウンター

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

toyozo's wabisabi syndrome

かじぺたのもっとデンジャラス(そうかも)ゾーン

かじぺたのデンジャラス(そうでもない)ゾーン

たがみよしひさのひねもすのたり

カイロプラクティック筑紫 Chiropractic筑紫(カイロプラクティックチクシ)
グーバーウォーク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示

Powered by FC2 Blog   Design by

FC2Ad